出産費用って、いくらぐらいかかるもの?

赤ちゃんができて幸せ一杯♪でも、ふと現実に変えると産婦人科の出産準備にどれぐらいかかるものなの?いくらぐらい用意しておけばいいのか分からないと不安ですよね。産婦人科ではどんなものに、どれぐらいかかるのか見てみましょう。

産婦人科でかかる定期健診の費用
産婦人科では、妊娠6ヶ月目までは4週間に1度、9ヶ月目までは2週間に1度、10ヶ月以降は、毎週、定期健診があります。妊娠の経過状況、健康状態によって異なりますが、約10回程度は通うことになるでしょう。妊娠は病気ではないので健康保険が適用されず、定期検診の費用は自己負担になります。1回の検診は、5000円〜10000円ぐらい。平均、7〜8万円、任意の検査を追加した場合など、多ければ10万円ほど、準備する必要があるでしょう。
産婦人科でかかる分娩入院費
ベッドにいるママと赤ちゃん昔ながらの設備の病院から、出産は病気ではないからとホテル風のつくりの部屋やフルコースのフレンチなどを揃えたようなゴージャスなものまで、さまざまな病院があるので、入院費は病院によって非常に差がでるところです。安ければ20万円台。高ければ100万円以上のところも。平均すると、普通分娩の場合で約30万程度になるでしょう。分娩入院費も健康保険の適用外で、自己負担になります。無痛分娩、水中分娩などの特別な出産方法を希望するとさらに高くなります。
マタニティグッズ
マタニティウェアや下着も必要になります。妊娠中もお仕事を続けているかどうかなど生活環境によっても、個人差が出るところですが、平均すると5万円以上はかかるようです。
ベビー服、ベビーグッズ
哺乳瓶ベビーウエアやオムツ、ミルク、ベビーグッズなど、様子をみながら買い足していくのがオススメですが、それでも、出産後すぐに必要になる新生児用のベビーウエアやオムツ、ミルクは、前もって用意しておく必要があります。
また、ベビーベッド、バギー(ベビーカー)を新しく購入するなら、その予算も必要です。

ベビーカー

え〜。そんなにかかるものなの!

ちょっと不安というあなた、ご安心を。
出産育児一時金という制度があります。

出産育児一時金

出産育児一時金は、出産した本人または夫の加入している健康保険から、出産後にもらえるものです。出産後は忘れずに、申請しましょう。申請後1〜2ヶ月後に、実際にかかった分娩入院費用にかかわらず、一律30万円が振り込まれます。

赤ちゃんを抱っこするママ

入院費が特別高い産婦人科を選ばなければ、だいたい分娩入院費分が、もどってくる計算になります。

ただし、問題は、出産後に申請をしてから支払われる点。つまり、実際にお金が必要となる分娩のため入院をする時点では、自分でお金を用意しておかなければなりません。

出産費用はいくらぐらいかかる?のトップへ

出産費用はいくらぐらいかかる?

出産費用の準備が不安な方へ

出産費用が
カード払いできる
産婦人科

出産費用がカード払いできる病院

リンク集